前へ
次へ

賃貸アパートと賃貸マンションの呼び名の違いは

法律という面から見ても、賃貸物件のアパートとマンションには、呼び方に特定の規定が設けられているわけではありません。実は賃貸アパートも賃貸マンションも、不動産会社やもしくは貸主である大家が、自分たちで判断をして名前を付けているだけです。何を基準にして判断をしているかですが、住まいの構造による違いでの呼び名の違いになります。軽量の鉄骨造や木造をメインにしているのがアパートであり、階数としても2階か高くても3階くらいまでの高さで建築をされる建物です。鉄骨鉄筋コンクリート造をはじめとして、鉄筋コンクリート造に賃貸マンション鉄骨造での建築が賃貸マンションであり、階数に関しては特に制限をされていません。だからマンションの中でも、かなり高い高層マンションなどもありますが、それは階数が特に決まっていないためです。音が響くレベルもコンクリートと木造では大きく差が出ますので、木造アパートの場合はどうしても音が漏れやすい面はあります。

Page Top